>
>
職場紹介
     
 
医療の場では様々な職種が働いています。
 このページは入院を考えていらっしゃる方や、就職を考えている方に当院を知っていただきたいと作成しています。
今回は保健会リハ部のご紹介です。保健会リハ部は急性期「谷津保健病院」、回復期リハ「東京湾岸リハビリテーション病院」
地域生活期「通所リハ」「訪問リハ」があります。様々なシーンのリハビリを行うことが、セラピストの可能性を高めることだと考え
期間異動による研修を積極的に行っています。
病院見学会の予定はこちらをクリックしてください→
 
東京湾岸リハビリテーション病院  PT (経験年数 3年目)
当院へ入職したいと思った理由は、病院の目標として「常に高いゴールを目指す、挑戦する医療」、「切れ目のない医療の実践」ということを掲げ、実際に行動している点に強く共感したからです。実際に最新の訓練機器が充実しており、サービス向上のため研究にも力を入れていること、退院後生活においても通所リハビリや訪問リハビリがあり、この様な場においても働くチャンスがあることも大きな魅力でした。
実際に働き始め感じたことは、先輩の後輩に対する教育が手厚く・熱心であることです。また、スタッフ数は多いですがコミュニケーションがとりやすく、雰囲気の良い職場であり、同職種では様々なリハの視点を意見交換し、とても良い刺激になっています。他職種とも密に情報共有できる環境であり、患者様の目標達成に向けて協働することで、常に高いゴールを目指す医療の実践に繋がっていると感じています。
このように、患者様一人一人とじっくり向き合う時間もあり、充実した毎日を過ごせています。今後も患者様の能力を最大限引き出せるよう努力し、ベストな状態で退院まで導くことのできる理学療法士へ成長していきたいと思います。
 
東京湾岸リハビリテーション病院 OT (経験年数 2年目)
ずっとやっていたバスケットボールで、つきゆびなどの小さな怪我でも、食事や字を書くことが難しくなり、普通に過ごしている日常が違って感じることがありました。また、高校生の時、入院していた祖父が「家に帰りたい」と言っていましたが帰れず、徐々に話すことも難しくなったため、私は何もできない無力さを感じました。そのことで、障害を抱えて困っている方々の望むことに寄り添える仕事がしたいと思い、作業療法士を目指しました。
当院を選んだ理由は、回復期リハビリテーションという在宅へ向けた関わりの中で、患者様の心身共に変化していく過程を支援したいと思ったからです。また若いスタッフが多く、活気に溢れる雰囲気にも魅力を感じました。
働き始めて早2年目となりました。優しい先輩方にご指導していただき、明るい同期に支えられ、楽しく充実した日々が送れていると思います。年間行事も多くあり、本当に楽しいです!
働いて感じたことは、患者様の今後の可能性を見つける、広げるには様々な視点が必要だということです。先輩方に相談したり、チームで話し合ったりしやすい環境である当院は、患者様の可能性を広げることにつながっていると感じています。今後も、まだまだ未熟ですが、患者様の幸せやQOL向上のために日々精進して参りたいと思っております。
 
東京湾岸リハビリテーション病院  ST (経験年数 4年目)
私は入職して4年目になります。回復期でのリハビリは、患者様はもちろんご家族様も現状を受け入れるという葛藤や退院後の生活に対する不安と焦りの中でリハビリを行うケースがほとんどです。そのような気持ちを汲み取りながら、これからの生活を想定し、より良く過ごすにはどうすればいいか、どのようなリハビリが必要なのか、常に自分の行っているリハビリを振り返りながら考えて臨床を行う場です。
しかし、実際にはわからないこともあり、自分ひとりで考えていても答えが見つからないことは多くあります。そのような時、先輩方の丁寧な指導やアドバイスを受ける環境が整っていることが当院の魅力の一つだと思います。スタッフの数は多いですが、定期的なカンファレンスや症例検討などを通して、同じ科だけでなく他職種との情報交換もでき、新たなものの見方や考え方を知ることができます。
また、当院はスタッフの学びたいという気持ちを尊重し、他の期の研修や学会参加なども積極的に後押ししてくれます。私は臨床を行いながら、並行しその中で生まれた疑問に対して学び、研究していきたいと思っています。臨床と研究の並行は、未熟な私にとっては非常に難しいことですが、それを温かく見守り、応援し、学ぶチャンスを与えてくれる職場です。これからもこのような恵まれた環境下で向上心を持ち、より良いリハビリを提供していきたいと思います。
 
通所リハビリ デイケア「谷津居宅サービスセンター」  PT (経験年数 4年目)
入職してから3年間回復期でのリハビリを経験し、現在は生活期であるデイケアでリハビリを行っています。当デイケアは利用者様が主体的にリハビリに取り組めるような支援をしており、我々療法士は利用者様の現在の生活での問題点を把握し、その問題に対する解決策や自主トレ方法を指導しています。また、3ヶ月に1度、東京湾岸リハビリテーション病院でリハビリテーション医による診察と機能評価を実施しており、デイケア利用開始時からの経過をデータで知ることができます。その結果をふまえ、利用者様の変化を敏感にとらえ、一人ひとりの利用者様にあった自主トレメニューの作成や自宅での生活指導などにも役立てております。
回復期でのリハビリでは入院中の患者様を自宅に帰すことで手一杯になることも多く、退院後の生活までは十分にイメージできていませんでした。現在、280人以上の方がデイケアを利用されています。デイケアでは自宅に退院し社会復帰されている方が多く、入院時には見えていなかった退院後の生活を日々の利用者様との関わりの中で学んでいます。また、デイケアでは療法士だけでなく、看護師や相談員、リハ助手、事務員、ドライバーなど回復期とは一味違うスタッフと密に連携が必要であり、リハビリ場面だけでは気づかない多くの情報を知ることが出来ます。今後も、利用者様と関わっている全てのスタッフと情報を共有し、私自身広い視野を持って利用者様の「現在の生活の一助」となれるよう取り組んでいきたいと思います。
 
通所リハビリ デイケア「谷津居宅サービスセンター」  OT (経験年数 4年目)
私は東京湾岸リハビリテーション病院で3年間働いたのちに、現在の職場で働いています。私はこの職場で働いてみて、生活期の方では入院している頃よりも、暮らしの中で実際に感じている困難さを具体的にニーズとして挙げていただくことが多いと感じています。そのため、そのニーズに答えられるような機能回復訓練を行うのはもちろん、今現在の身体機能でどうしたら目的の動作ができるようになるのかを利用者様と一緒に考えながら進めていくことが多いです。また、片麻痺の利用者様であれば、麻痺のある手でもできる動作をお伝えして、積極的に生活の中で麻痺のある手も使っていただけるようにアプローチしていくことが大事なのではないかと感じています。このように回復期と生活期でのアプローチの仕方の違いを知ることができ、退院後の利用者様がどんな生活を送られているか、お話を聞くことができて、とても勉強になっています。
また、谷津居宅サービスセンターでは、理学療法士、作業療法士、看護師、リハビリ助手など様々な職種がいますが、職種の垣根を越えてみんなで利用者様について様々な視点で意見を出し合って進めていることがこちらとしても勉強になりますし、魅力の1つだと思います。
 
訪問リハビリ 「谷津訪問看護ステーション」  OT (経験年数 7年目)
訪問リハビリは、実際に利用者様のご自宅に伺い、ご自宅やその周囲の環境で、より安全に、そしてよりその人らしく生活が送れるように支援を行います。病院でのリハビリと違い、治療の場には自分一人です。以前から訪問リハビリの分野に興味を持っていましたが、本当に自分にできるのか、という不安がありました。しかし、同法人内にて、急性期、回復期、生活期と研修を行わせていただき、発症から退院後の生活までそれぞれの分野のリハビリに関して、経験する事ができたことが、その不安の軽減につながったと思います。 また、急変時や事故が起こった時の時の対応も、訪問看護ステーションの先輩方に指導、もしくは助言を頂き、サポート面でもしっかりと対応して下さります。また、同法人内での、情報共有もしやすく、退院後にスムーズに訪問リハビリを開始できることも、利点の一つだと思います。
まだまだ未熟ですが、先輩方も相談しやすく、スタッフ同士の交流も多い暖かい環境のため、日々勉強しながら働くことのできる職場だと思います。