>
>
看護部
     
 
たくさんの方々から選ばれる職場創り
 安全で安心と満足を感じていただける看護の提供を目指し、結婚・出産後も安心して専門性を高めながら、職場への復帰支援やメンタルヘルスケアとしての心身の健康を守るサポート体制に取り組んでいます。
 一人ひとりの職員がいきいきと輝いて看護すること、それが当院に来られた患者様やご家族の方々に満足して頂けることが基本だと考えています。
 患者様に信頼される、地域に根ざした病院を目指し、また患者様に満足して頂くためには、職員自身の職務満足度が高くなければなりません。
 そのためには、環境を整えることも重要な課題です。
 知的、体力、技術、技を磨くことも大切ですが、 “学ぶ・働く・遊ぶ” のバランスを調和することが一番と考えます。
 生活の満足を高め、楽しく学習しながら知識を深めていく、そして看護の奥深さを体験しながら、質の高い看護を提供していきたいと考えています。
  看護部長 伊東 和子 
1. 障害を持った患者様の機能・動作を日常生活の実践の場で、看護の力を通して高めます。
2. 患者様・ご家族と共に、一人ひとりの生きてきた環境・背景を大切に捉え、信頼関係のある安全で質の高い看護を提供します。
1. 一人ひとりの障害を観察・評価し、本人の持てる力を充分に発揮できるような看護を提供し、障害に応じた最高のADLを獲得します。
2. 常に、きめ細やかな観察の目を持って全身状態を把握し、安心して入院生活を過ごせるように努めます。
3. 患者様の、これまでの人生・生きてきた環境・背景を充分に認識し、その人らしい生活環境を取り入れ、リハビリテーションへの意欲を
   引き出します。
4. 在宅生活への架け橋となるべく、ご家族と充分なコミュケーションを取りながら看護を実践し、より安心で安全な生活の場を提供します。
5. 東京湾岸リハビリテーション病院の職員としての誇りを持ち、倫理を遵守し、看護の実践、教育、研究によって科学性と創造性を追求し、
   看護の質を高めます。
『安全で質の高い看護を提供できること』が目標
運動機能や言語機能の訓練をするだけでなく家庭での生活ができるように日ごろの生活で動作を習得する場でもあります。そして、よりスムーズにリハビリテーションをすすめて行くためには、訓練だけでなく毎日の病棟生活の中で実際に行って初めて意味があります。看護師は、ある時は患者様とご家族の代弁として、ある時は医師や療法士との仲介者としてゴールの後押しをします。
『リハビリテーション看護師の役割』
・ 障害を看て、評価して、治療計画を立案し機能や能力改善を実践する役割
・ 全身 状態を観察し、安全な環境を提供する役割
・ 患者様の社会背景に応じて、安定した心や入院生活を定着させる役割
・ご家族と共にリハビリ看護の効果を確認し、在宅生活への綱渡しを行う役割
 
 それぞれの専門分野の役割から情報を活用しチーム医療の中で学ぶことはたくさんあります
『安心して働き続けられる、魅力ある職場づくり』
  
1)安全に対するリスク意識を高め、マニュアルを遵守した行動をする。
2)チーム医療の中で、看護の専門性を発揮する。
3)看護師が互いに支援しあって、持てる力を引き出し発揮する。
4)委員活動を活性化し、看護部が病院運営において大きな役割を担う。
5)ワーク・ライフ・バランスを意識した業務遂行に取り組む。
 
 
◎病棟紹介
   
 
回復期リハビリテーション病棟: 160床
   
 
2F病棟:60床  3F病棟:60床  4F病棟:40床
   
   
 
◎看護基準
 
回復期 リハビリテーション 病棟 入院料 T
 
看護師  13 :1   看護助手(介護福祉士) 6 : 1
 
24時間生活の場である病棟内は家庭と同じ生活感のある
環境を提供しています。
 
Dr 、リハビリスタッフと連携をとり、患者様の持てる能力を
最大限に発揮して、自立に向けて創意工夫した病棟内訓練
も取り入れています。
   
 
◎勤務体制(2交代)
 
日勤   8:30 〜 17:30
 
夜勤   16:30 〜 9:30
 
(月に数回早出勤務、遅出勤務があります)
   
   
  
◎看護方式
 
チームナーシングとプライマリ―ナーシングの固定チーム制。
 
リーダーを中心とした複数の看護師が協働で、患者さんに
ケアを提供し、チームで看護ケアを保証します。
   
◎ 看護職員長期研修制度
 
『看護実践能力を高め、専門的看護の向上を図るため、長期研修を受講する者に対して経済的支援をする制度』です。
 
授業料全額支援給料全額支給交通費宿泊費支援などを行いますので、安心して受講できます。
   
 
長期研修
 
@
特定分野の認定看護師研修
例)皮膚・排泄ケア、感染管理、糖尿病看護、摂食・嚥下障害看護、脳卒中リハビリテーション看護、認知症看護 等
A
全国回復期リハビリテーション病棟連絡協議会主催    回復期リハビリテーション看護師 認定コース
B
認定看護管理者研修   ファーストレベル研修・セカンドレベル研修・サードレベル研修
院外研修
 
日本看護協会主催の研修、千葉県看護協会主催の研修、その他企業の主催する研修に主体的に参加できるよう看護職員長期支援制度同様、受講費交通費宿泊費などの支援をしています。
また、諸々の学会などについては、発表者及び共同研究者が参加できるよう支援し、自己研鑽できる機会を提供します。
◎ 保健会看護職員異動 (急性期・回復期・訪問看護ステーション)
 
新たな教育希望される方は、希望異動を申請することが可能です。随時相談に応じています。
保健会内留学制度
 
法人全体を見渡す視野を広げ、セクショナリズムを解消すること、他部門との連携を深めるためのコミュニケーション活動ができることを目的とした研修です。
急性期での学び、回復期の支援・指導、在宅支援、訪問看護ステーション看護の実践を積むことで能力アップに繋がります。
 
指導する側  → 指導を受ける側に立場が変わったことの自分の役割と責任の再確認、新たな日々の業務で気づくことができないことを感じられる思い出になる研修です。
◎インターンシップ
 
就職先を検討中の看護学生に、保健会の病院の特徴や職場環境を知る機会を提供することを目的に行われるのがインターンシップです。
参加希望に応じて、各病棟における看護実践の見学や他職種との協働のかかわりについて一緒に体験していただきます。
病院スタッフとのふれあいを通して、自らの専攻やキャリアプランをじっくりと考えるための、よいきっかけとなるのではないでしょうか。